鳴子温泉 鳴子ホテルTOP

宮城県の名湯鳴子温泉郷にある風呂自慢、料理自慢、女将自慢の宿

予約・お問合せ 0229-83-2001
空室状況
ご予約について プライバシーポリシー お問い合わせ リンク 鳴子温泉 鳴子ホテルTOP
癒しの温泉 自慢の料理 くつろぎの客室 施設案内 女将ご挨拶 宿泊プラン 鳴子の観光 アクセス・お知らせ

鳴子ホテル女将日記

鳴子ホテル女将日記 > 桜井こけし店

桜井こけし店



こけし通り「桜井こけし店」

鳴子温泉街、こけし通りにあります、

「桜井こけし店」一階店舗です。

こけしをはじめ、木地雛、⼿ぬぐい、

のれん、木地椀、⽊⼯品の販売も行っております。

「桜井こけし店」HPはこちら


こけし製作映像はこちら



こちらが鳴子温泉街の「こけし通り」です。

少し奥にあるので、見落としてしまう方もいらっしゃるようです。





入り口のかわいらしい大きなこけしが

「桜井こけし店」の目印です。



のどかな光景のこけし通りです。





店内は落ち着いた雰囲気で、

たくさんの種類のこけしや雑貨などが販売されています。







桜井昭寛(あきひろ)さんは、

鳴子系を代表するこけし工人。

全国こけし祭りのコンクールで、

最高賞の文部科学大臣賞を

史上最多3度受賞をしていらっしゃる素晴らしい工人さんです。




たくさんここけしが並べられています。




木地雛は当館の売店でも大変人気なんです★

お孫さんに買っていかれる方も多いようです。



ご自分で観賞用にお求めになる方もいらっしゃいます。

とても素敵ですね。



けん玉のような形の木地人形など

様々なタイプがあるのですね。



かわいい動物の置物です★




こけしのポストカード、ペン立て、

こけしの中にお手紙を入れてそのまま送れる

「こけしお手紙」などお土産にぴったりな商品も。







あたたかい木のぬくもりを感じる木地椀です。

急須や湯のみ、コップ、お弁当、茶筒、楊枝入れなど。

日常で使える日用品も販売。











向いには鳴子特産ぬりもの「佐々木漆器店」さん。





鳴子ホテルからは紅葉館1階裏玄関から、

出て頂くと鳴子温泉街にすぐ行くことができます。

皆さま是非お出かけくださいませ。


住所    〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元26−6
電話    0229-83-3460
メール   mail@sakuraikokeshiten.com
開店時間  8時から19時
アクセス  JR陸羽東線 鳴子温泉駅下車徒歩5分


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村


ページの上へ

All Rights Reserved.Copyright (C) 2007.NarukoHotel

鳴子ホテル 口コミ
〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元36
TEL:(0229)83-2001 FAX:(0229)82-2046
予約・お問合せ 0229-83-2001