鳴子温泉 鳴子ホテルTOP

宮城県の名湯鳴子温泉郷にある風呂自慢、料理自慢、女将自慢の宿

予約・お問合せ 0229-83-2001
空室状況
ご予約について プライバシーポリシー お問い合わせ リンク 鳴子温泉 鳴子ホテルTOP
癒しの温泉 自慢の料理 くつろぎの客室 施設案内 女将ご挨拶 宿泊プラン 鳴子の観光 アクセス・お知らせ

鳴子ホテル女将日記

40年前の鳴子ホテル



「40年前の鳴子ホテル」

40年前の鳴子ホテルです。

外国のショーメンバーの方の写真です。

続きを読む "40年前の鳴子ホテル" »

高松宮殿下 ご来館2



お食事の時の写真です。

後ろの大きな独楽は、今も当館に飾っております。

続きを読む "高松宮殿下 ご来館2" »

40年前「高松宮殿下」ご来館




「高松宮殿下 ご来館」

高松宮殿下が約40年前に、

鳴子ホテルにご来館くださった時の写真です。


続きを読む "40年前「高松宮殿下」ご来館" »

鳴子ホテルビフォアーアフター:鳴子ホテル女将日記


<before>

昔のバイキング会場の写真が出てきました。

現在と比較すると↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 東北 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村

続きを読む "鳴子ホテルビフォアーアフター:鳴子ホテル女将日記" »

福田豊四郎 画「夕鶴」:鳴子ホテル女将日記




 「夕鶴」は鳴子ホテルフロントロビーでご覧頂けます。

福田画家と当社旧会長が親しかったことから、

東京から秋田へ帰郷途上、しばしばお越しになり、

夜はお酒を酌み交わしつつ芸術談義を、

昼はスケッチブック片手に鳴子の写生を楽しまれました。

そんなご縁で、昭和二六年の改装にあたり、

お描きくださったのがこの作品です。


続きを読む "福田豊四郎 画「夕鶴」:鳴子ホテル女将日記" »

鳴子ホテルあの日あの頃:鳴子ホテル女将日記



「narugo hotel」のネオンが時代を感じさせます。



こちらは、ギリシャ風呂でしょうか。

続きを読む "鳴子ホテルあの日あの頃:鳴子ホテル女将日記" »

鳴子ホテルあの日あの頃:鳴子ホテル女将日記



昔なつかしの写真が出てきました。

こけし祭りの準備中でしょうか。




大きなこけしと男の子です。

かわいい写真ですね。

続きを読む "鳴子ホテルあの日あの頃:鳴子ホテル女将日記" »

大宴会場 大広間「聚楽」:鳴子ホテル女将日記



▲500人規模の宴会で賑わった「聚楽」
この大広間を設計した高津氏は、
「たまたま紙で折った造形模型を研究所に貼っておいたら、
武先生がおもしろいと言われ、
それを元に天井をデザインしました」と語っています。
※この大広間は現存していません。


建築が始まると泊り込みでした。
[AAエイツー設計代表 高津昭生]

昭和35年に早稲田大学を卒業するとすぐ武研究室に入り、

先輩の藤倉忠夫さんらと共に、鳴子ホテルの設計に携わりました。

私が担当したのは3百畳敷きの大広間「聚楽」です。

建築が始まると泊り込みでした。

当時、私は結婚を控えていて、

結婚式には鳴子から長崎県佐世保市まで、

列車で一昼夜以上かけて駆けつけたんです。

着いたのは式が始まる寸前。そんなこともあり、

鳴子ホテルの仕事が忘れられません。

※高津昭生氏はほぼ四世紀にわたり、武先生の片腕として働かれました。


建築家 武基雄と鳴子ホテル:鳴子ホテル女将日記



▲地上7階地下2階。
昭和39年当時の鳴子温泉にはまだ珍しい、
大型ホテルの誕生でした。

戦争が終わって世の中も落ち着くと、
たくさんの人々が鳴子温泉を訪れるようになりました。
職場や地域のお仲間で宴会を楽しまれる団体さんも増えました。
私共も、広い温泉や宴会場でお客様をお迎えしたい、
設備もよくしたい、と思うようになりました。

そして、昭和25年手はじめに「ギリシャ風呂」と名付けた大浴場をつくりました。
設計は建築家の武基雄先生です。

そのころ、仙台では「仙台市公会堂」の建設が進んでいました。
設計者は設計コンペで一等に入選した武先生。
その清新でのびやかな建築空間に魅せられ、
是非当館の設計をとお願いしたのでした。


昭和39年には武先生の設計で、新館を建設(現在の青葉館部分)、
44年に増築しています。
建物は、その後増改築で当時のそのままの姿であありませんが、
現在もその面影をとどめています。

続きを読む "建築家 武基雄と鳴子ホテル:鳴子ホテル女将日記" »

「鳴子の思い出」谷内六郎さん :鳴子ホテル女将日記



「鳴子の思い出」

鳴子の冬仕度の様子が描かれています。

運んでいるのは炭焼き用の木材でしょうか。

画伯の鳴子への愛情を感じさせる、ほのぼのとした作品です。

昭和四六年一月、画伯より弊社社長(当時)髙橋正夫に贈られました。

続きを読む "「鳴子の思い出」谷内六郎さん :鳴子ホテル女将日記" »

大正時代の鳴子ホテル:鳴子ホテル女将日記




大正時代の鳴子ホテル

玄関先には、脚絆にわらじ履き、

麦わら帽子と杖を手にした青年と少年が腰掛けています。

山歩きに向かうところでしょうか。


明治6年(1873)創業の当館が、

「高萬旅館」から「鳴子ホテル」へと改名し、

洋風の建物に改築されたのは大正時代のことでした。

続きを読む "大正時代の鳴子ホテル:鳴子ホテル女将日記" »

ケーブルカーが走っていました:鳴子ホテル女将日記




昭和39年、なんと館内をケーブルカーが走っていました!

全長50メートル。

「敷地の高台に建てた高層の新館を、

旧館(設計・白井晟一)とどのように結びつけるかが問題になったが、

ケーブルカーとエレベーターを併用することで解決した」

と建築家の武先生は書いています。

傾斜地ならではの苦肉の策だったのです。

※旧館とケーブルカーは現存していません。

続きを読む "ケーブルカーが走っていました:鳴子ホテル女将日記" »

昭和52年7月22日の新聞:鳴子ホテル女将日記



昭和52年7月22日の新聞の切り抜きがありました!

皇太子殿下ご夫妻【現・天皇皇后両陛下】が

鳴子へいらっしゃった際の記事です。



昭和52年 広報なるこ「皇太子ご夫妻ご来町」:鳴子ホテルおかみ日記



昭和52年の広報なるこです。

今から約36年前の記事です。

続きを読む "昭和52年 広報なるこ「皇太子ご夫妻ご来町」:鳴子ホテルおかみ日記" »

50年前の領収書 :鳴子ホテル女将日記



50年前(昭和38年)にご宿泊頂いたお客様が、

当時の領収書を持参してくださいました。

ご宿泊料お一人3000円の時代だったのですね。

時代を感じます。

続きを読む "50年前の領収書 :鳴子ホテル女将日記" »

ヘレンケラー女史、双葉山 鳴子へ



ヘレン・ケラ-女史の写真を発見!!(驚愕!です)

昭和13年(1938年)の事です。

この時代に、私も共存したかったです。



昭和の大横綱 『双葉山』も鳴子へいらっしゃいました。

当家の飼い犬 秋田犬と戯れております。

【双葉山】

1912年(明治45年)2月9日生まれ


初土俵   1927年(昭和2)3月
横綱昇進  1937年(昭和12)5月
引退     1945年(昭和20)11月

相撲の神様 昭和の角聖 

【我未だ木鶏たりえず】   【勝負師は寡黙であれ】

【稽古は本場所のごとく・本場所は稽古のごとく】

【心・気・体】

等‥の名言を残しました。今世の我々に言い聞かせているようです。

続きを読む "ヘレンケラー女史、双葉山 鳴子へ" »

鳴子ホテルの歴史【当時のお部屋】



当時、ご宿泊頂きましたお部屋が、今でも、リニューアルしながら、

お客様へ、ご提供致しております。

大変、縁起の良いお部屋です。

本日も 《2012/5/28(大安 良き日です)》


鳴子ホテルの歴史【お見送り】


鳴子ホテル歴史(お帰りの際の風景)



大女将をはじめ、皆でお見送り致しました。

美知子妃殿下は、昨日とは、一新、

緑のドット柄の初夏らしいドレスにお着替えになり、

お帰りになられました。

鳴子ホテルの歴史(1975年代)皇太子殿下ご来館




昭和50年代

皇太子殿下ご夫妻【現・天皇皇后両陛下】

浩宮様【現・皇太子殿下】も、お泊りになりました。

当時は、全館貸し切りで、町ぐるみで、大勢の人々で、歓迎致しました。

大変、神々しく、皇族の方は、輝きが違います!

美智子さま本当にお綺麗ですね。

続きを読む "鳴子ホテルの歴史(1975年代)皇太子殿下ご来館" »

昭和37年宿泊 48年前のお客様 



昭和37年(1962年)、今から48年前、

新婚旅行で「鳴子ホテル」にご宿泊頂いたお客様が

当時の「領収書」と「電報」を、持参し、この度!何と!ご来館頂きました。



↑こちらは昔の栞です。

続きを読む "昭和37年宿泊 48年前のお客様 " »


ページの上へ

All Rights Reserved.Copyright (C) 2007.NarukoHotel

鳴子ホテル 口コミ
〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元36
TEL:(0229)83-2001 FAX:(0229)82-2046
予約・お問合せ 0229-83-2001